二人の少女

パキスタンの首都、イスラマバード郊外にあるアフガニスタン難民居住区。

写っているのは、その一角に暮らす小さな女の子2人。


難民居住区と言ってもおよそ40年も前からあるので、

家がたくさん集まっていて、まるで普通の村のようになっている。

ここの家は、泥とれんがを積み上げてつくったものがほとんどだ。

居住区内では、移動式のお店がやってきているのも時々見かけた。


雨は降っていないが道は悪く、よくぬかるみ、たくさんごみが散らばっていた。

そんな中で見せてくれる笑顔に出会ったときは、心が温まると同時に、

やはり何となく何かが自分の心に突き刺さるようでもある。