世界で一番小さな小学校

「日本から来た?日本って何?」


ここは広い世界の中でも最も小さな小学校の一つだろう。


バロチスタンの山奥の奥の村のみんなの小学校。

TAROKというこの地域によく自生しているとても固い植物の葉を編んで

建てていた。


遊牧民たちが定住化したと言われる村にあり、

彼らの家もまた、同じつくりをしている。


こんな電気の無い山奥でも、みんな鉛筆と教科書、

ノートを持ってしっかり学校に来て勉強していた。

感心するより他はない。


しかしこの村には中学校が無い。

進学するには村を出て長い山道を下り、大きな村に出なければならない。


家族とはなればなれになるし、それは現実的ではないだろう。


もし、高校に進学するには町に行かなければならないが、あまりにも遠い。