分け与えること

瞳が綺麗なバローチの少女。


本来なら、こちらが分け与える立場でもあるはずだが、

いつもいつも、何か温かいものを分け与えてもらっている。


村を去るときは、ギリギリまで握手して、

見えなくなるまで笑顔で手を振ってくれていた。


初めて出会って、言葉もまともに通じない。


しかしそれでも、だからこそ、日常生活の中で忘れがちな、

今生きている者同士の、本当の心と心のふれあいを感じさせてくれるのかもしれない。


「生きること」とは、そういうことでもあるはずだ。

出会えてよかった。ありがとう。

写真を持って、また会いに行けますように。