ケリヤのバザールを歩く

異様に多い警察の目を少し気にしながら、検問を抜けてバザールの奥へと入っていった。

買い物をしにバザールに来ただけなのに、何か独特の雰囲気と緊張感がある。

ウイグル式の窯でナンを焼いて売っている店、日用品店など様々で、

一通り生活に必要なものは何でもここで揃いそうだった。

そしてよく見ると、なぜか店の人の多くが防弾チョッキを着ている。

どうやら政府から支給されるらしい。

また、警察が警察犬を連れてやたらとうろうろしている。

あまり活気は無く、バザールの中はやや閑散としていた。

さらに奥の方へ歩いて行くと、

外に出たところに野菜や果物を売っているところを見つけた。

何でも、砂漠では野菜が育たないので、

羊の肉しか手に入らないらしい。

大量の水と、いくらかの食材をまとめて買っていくことにした。

そして最後にバザールを後にしようとした時、

お見送りしてくれた可愛い子どもたちがいた。


漂っているこの何とも言えない緊張感を、彼らが解きほぐしてくれた。