ダリヤブイ村へ


翌朝、また砂漠の砂で焼いたナンを食べて、すぐに出発することにした。​​

まだ先は長い。

ここからはもはや道ではなく、砂の中を走って行く。

車が砂にはまって動かなくなったり、

ケリヤ川の水が道をふさいでいるのを

乗り越えたりしながら3時間、四輪駆動車で走った。

すると道の途中で、またもや一軒の孤立した家に出会った。

こんな、周りに砂以外に何も無いようなところに、また人が住んでいる・・・。

少し立ち寄ってみることにした。

そこには二人の老夫婦が住んでいた。​​

子供と孫がいるが、今日はダリヤブイに遊びに行っていないという。

胡陽の木々には枯れた葉がたくさんついていた。

そして少し休憩させてもらったあと、

さらに車を走らせた。

ケリヤ川を横目にまた1時間。

少しずつ村へと近づいているように感じた。

川が近くなり、胡陽の木が増えてきた。

気持ちも少しずつ高ぶり、もうそろそろ着くんじゃないか・・。

そう思い始めた時。

今までは、まばらに立っていた胡陽の木々が、だんだんと密集し始めた。

もう、本当に近い。すぐそこだ。

そして、胡陽の木々の間をゆっくりとすり抜けていくと・・

ついにその先に、家がたくさん集まった「村」が姿を現したのだった。

本当にこんな道すら無い隔絶された砂漠のはるか奥地に「村」があった。

人がこんなに住んでいる。

家もたくさんある。

ついに足を踏み入れた。

ここがダリヤブイ村・・・!