ダリヤブイ小学校の子どもたちの朝

ダリヤブイ小学校の朝は8時30分くらいから始まる。

とはいっても、それは北京時間の8時30分なので、

ウイグル時間でいうと実質6時30分くらいだ。

まだ辺りは薄暗く、人々は誰も出歩いておらず村の中はとても静か。

そんな中、何人かの子どもたちが元気な声とともに校舎から出てきた。

このダリヤブイ小学校では、

村からさらに離れた砂漠の中に家があり、毎日通学できない子どもたちや、

親が放牧などに出かけていて帰ってこない子どもたちが、校舎内の共同寄宿部屋で寝泊まりをしている。

(今思うとそれは真実かどうかは定かではない)

日によっても違うが、

58人の内およそ20人くらいの子どもたちが学校に泊まっていた。

校舎から出てきたのはその子どもたちだ。

まだ10歳に満たない子どもたちが、

親元を離れて学校に寝泊まりしているということに驚いた。

ちなみに先生たちも敷地内に自分の部屋を持ち、そこで寝泊まりしている。

校舎の中へと入ってみると、

教室では椅子が机の上に上げられていて、朝の掃除が始まっていた。

ほうきで床を掃く子ども。

ごみをごみ箱へ集める子ども。

窓を拭く子ども。

集めたごみを学校の外へ運んで持っていく子ども。

3月の砂漠の早朝はまだかなり寒い。

自分たちで紙と石炭を暖炉の中に敷き、火をつける子どももいた。

ある子はもう座って勉強している。

朝の6時半からもう教科書を読んで自習。


先生たちもまだいない。

みんな当たり前のようにやっていたのだが、

寒く、まだ薄暗い砂漠の中で朝早くから頑張る子どもたちの姿を見て、

感心する他なかった。