黄砂

最近になって、ようやく「ウイグル」というキーワードがよく話題になり、世間に認知され始めてきた。


毎年春になると日本を舞う黄砂。

大気を霞ませ、洗車したはずのバイクにも黄色い砂がたくさんついている。


しかしこの指先についた忌まわしいはずの砂も、

タクラマカンで暮らす、あの優しい子どもたちと過ごした場所から風に乗って運ばれてきたものかもしれないとしたら、そう悪くないなと思ってしまう。


この地域の人々や子どもたちが、早く安心して暮らせるようになりますように。