絵本の世界

世界にはその国の中で少数派となる民族がたくさんおり、

それぞれが独自の言語や習慣を持つことが多い。


そのおもしろさに出会うことは、やはり旅の1つの醍醐味になる。


そういった意味ではパキスタンに暮らすカラーシュのおもしろさは群を抜く。

何度訪れても飽きないし、自然も豊かで非常に居心地のいいところだ。


元々アフガニスタンに暮らしていたが、

イスラムの迫害から逃れてきた人々の末裔でもある。


彼らには独自の言語があるのはもちろん、何と言っても

頭飾りのシュシュット、民族衣装のピルハンなどを常時身につけて歩く

カラーシュの子どもたちは、まさにおとぎ話の世界からそのまま出てきた妖精のようだ。


そして見た目だけではなく、人々はみなフレンドリーで温かい人々が多い。

夏に訪れれば、たくさんの果物を旅人に振舞ってくれるはずだ。


また、あの絵本の世界に飛び込んでみたい。