朝日に照る笑顔

山奥深く、地図には無いバローチ遊牧民の村で出会った少年、アフマディ。

男の子たちはみな、白や青の単色の伝統衣装シャルワール・カミーズを身につけている。


村から学校へと向かう前、こちらへと笑顔を向けてくれた。

朝日に照らされて、その表情はより一層輝く。


今日も、あの道を歩いて元気に登校しているだろうか。