ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか

ワハーンのパキスタンとアフガニスタンの国境沿いに位置する村。

朝の7時前に起きて、みんなで一緒に小学校に登校する、ワハーン人の子どもたち。

このような遥か辺境と呼ばれる世界でも、標高4000mを超えるでこぼこのあぜ道を、

子どもたちは毎日歩いて学校へと通っている。

「ぼくたちは なぜ、学校へ行くのか?」


日本にいると、それが何かぼやけてしまうことがある。

日本の子どもたちに聞いて、すぐに答えられる子どもはどのくらいいるのだろう。


しかし、その「こたえ」が何なのか、

この世界で過ごしていると、それをより身近なものとして感じさせてくれる。