時間の共有

旅の中で様々な人々の日常に触れることで、

自分の日常は当たり前ではないと実感することができる。

何気ない日常という大切な時間。


その互いにとって大切な時間を共有すれば、それはかけがえのないものになる。


イランでの結婚式に呼んでもらった。

出会っていきなり結婚式に参加させてもらえる寛容さ。

まさかの日本人の参加に出席者みんなウェルカムだった。

平和を愛する人々ばかりだ。

日本なら通りすがりのイラン人が自分の結婚式にいたら、

「誰?何でいるの?」となるかもしれない。

ましてや食事まで無料で出せるだろうか。


今回のイランの結婚式は部屋が男女別だったが、

子どもたちは自由に男性と女性の部屋を行き来することができる。


マイクで威勢のいい掛け声が響く中、会話と踊りを楽しんだあとは食事の時間。

食事の用意は自分たちでするようだ。

ケバブがすごく美味しかった。

食べ放題に近い量が用意される。酒はない。


このあと女性陣も合流し、みんなで車に乗って新郎新婦の家へ直行する。