単色の世界に映える

バロチスタンの小さな村で出会った少女。

この白色に黄色がかった単色の乾いたバロチスタンの大地の中で浮かぶ美しい民族衣装と、またいつか写真を持ってここを訪れたいな・・と思わせてくれる心の鏡ともいうべき大きな大きな瞳たちよ。。