まだ見ぬ世界

途切れていた線が、日々が、またつながろうとしている。

向こう側には、今この時にしかない、まだ見ぬ新しい世界が待っている。