光と影

どんな世界にだって光と影はある。

しかし辺境地において直に浴びる光は、この世界に生きているという喜びを思い出させてくれ、それをゆっくりと味わう機会を作ってくれる。