言葉

ワハーンの村に暮らす少女。


パキスタン側にはおよそ300の家屋があり、

3200人ほどのワハーン人の人々が暮らしている。


この村に暮らす家族に、

「ワハーン人にとって最も大切なものは何だと思うか?」

と尋ねてみた。


少し相談した後、


それは、この「言葉」だと答えてくれた。


「言葉」は命。


「言葉」が生き続ける限り、それが消えることはない。


「ワズ ウィナン また会いましょう」


*ワハーン語はイランやアフガニスタン、タジキスタンなどで使われている、

ファルシ(ペルシャ語)言語に似ています。